もう補聴器選びで失敗しない!早良区のスズキ補聴器センター

    文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

補聴器について

当店では、初めて補聴器装用を希望される方には直ぐに補聴器を販売することはいたしません。
多くの方は補聴器を使用すれば直ぐに正常な聞こえに戻るとお考えのようですが、聞こえが悪くなった原因や経緯、聞こえにくさの程度など、さまざまな要因が影響し、満足した聞こえを取り戻すためには補聴器を装用しての聞こえのリハビリテーションなどの指導と訓練が重要となります。
聞こえでお悩みの方の大半は、音は聞こえるが何と言っているのか言葉がはっきり聞き取れないと言われます。これを語音明瞭度の低下と言い、補聴器装用による語音明瞭度の改善が望まれますが、使用目的や使用環境も異なり、聞こえる音量や音色にも好みがありますので、先ずは感覚的に負担のない聞こえ作りを行うことが要求されます。
しかし、これらのことを短時間で適正に行うには色々な点で無理が生じるため、期待する聞こえと補聴器装用による満足度に差異が生じ、補聴器を購入したが全然役に立たたないと評価されてしまうのです。
このようなことが無いように、当店独自の適正な指導の下、補聴器の効果を十分ご納得いただくよう無料貸し出しでご試聴いただき、装用指導と訓練を受けていただきます
  1. 補聴器で失敗しないためのアドバイス
  2. 補聴器の形と種類
  3. おすすめは両耳装用

補聴器で失敗しないためのアドバイス

「安さや手軽さにつられて、補聴器を購入したものの不満がある。」 そんな話をしばしば聞くことがあります。
本来、補聴器は時間をかけてじっくり選ぶものです。
そんな補聴器に関する不安をお持ちのお客様は、選定に失敗しないために下記のような項目に注意しながら補聴器選びを行ってみてください。
きっと良い商品に出会えるはずです。
  1. 認定補聴器専門店で、認定補聴器技能者がいるお店を選びましょう。

    専門店では、対面でお相手いたします。通信販売やインターネットでの補聴器購入は、適正ではありません。

  2. お店の人とよく相談しましょう。

    聞こえの不自由さ、補聴器をどのように使いたいか、補聴器の種類や機能など。

  3. 聞こえの測定と言葉の聞き取り測定をしてくれるお店を選びましょう。

    聞こえのレベルと補聴器を使用する前の言葉の聞き取り方を調べます。

  4. 試聴してみましょう。

    両耳・片耳ずつ聞き比べをします。静かな所だけではなく、騒音の多い場所で言葉がどう聞こえるかも試して下さい。

  5. 補聴器効果の確認をしましょう。

    補聴器を付けてみて、言葉の理解度や使用する場所の音環境を作って、補聴器効果を確かめます。

  6. 試聴貸し出しができるか確認しましょう。

    実際に日常生活で使ってみて、試聴してみてください。そして、聞こえの不都合だった点などをメモして下さい。

  7. 装用指導をしてくれるか確認しましょう。

    補聴器を使用すると聞こえの環境が変わります。再調整・フィッティングについて聞けるかどうか確認します。

  8. アフターケアがしっかりしているか確認しましょう。

    補聴器は、定期的な点検とクリーニング、再調整が必要になります。

補聴器の形と種類

あなたは、どのデジタル補聴器がお好みですか?
耳かけ形なら、おしゃれなカラータイプも選べます。

外からは気づかれにくい極小の耳あな型(CIC)から、ハイパワーな耳かけ型まで。
ひと口にデジタル補聴器と言っても、さまざまな種類があります。
また、耳かけ型の中には、多彩なカラーバリエーションがあります。
軽度

聴力レベル30~50の軽度難聴の方

中度

聴力レベル50~70の中度難聴の方


高度

聴力レベル70~90の高度難聴の方

重度

聴力レベル90以上の重度難聴の方

耳あな型CIC

軽度中度

CICは「Completely In the Canal(完全に耳穴に入る)」の略。
極小サイズなので外から見えにくく、電話、帽子などの使用時におすすめです。
また、聞こえがより自然になり、風切り音や装用時の違和感も軽減することができます。

耳あな型カナル

軽度中度

種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。
小さくあまり目立たず、安定感もあり、CICより操作しやすいのが特徴です。

耳あな型フルシェル

軽度中度高度

カナル形補聴器でハウリングが多い場合は、耳のくぼみ全体まで覆うこのタイプで軽減することができます。

耳かけ型RIC

軽度中度高度

レシーバー(音の出る部分)が耳あなの中に入る、もっとも小さく、目立ちにくい耳かけ型。
こもり感の少ないオープンフィットタイプも選べます。

耳かけ型ミニ耳かけ型

軽度中度

従来の耳かけ型よりも小さく、目立ちにくく、オープンフィットタイプなど、さまざまな装用法を選べます。

耳かけ型耳かけ型

軽度中度高度

広範囲の聴力レベルに適応しており、操作がしやすいうえに、種類が豊富です。
ケースカラーも取り揃えていますので、独自の補聴器にアレンジすることができます。

耳かけ型ハイパワー耳かけ型

高度重度

ハイパワーの補聴器なので、高度や重度難聴の方にも適応しています。
ケースカラーも取り揃えていますので、多彩なアレンジを楽しめます。

ポケット型箱型

軽度中度高度重度

スイッチや音量調整が見ながら操作できる。
マイクのように相手に向けるとよく聞こえる。
箱形でコードがあるので、邪魔になり目立ちやすい。

補聴器の値段

現在ではさまざまな価格帯の補聴器があります。高価な補聴器ほど、機能が優れており、音の調整の幅も広いのですが、必ずしもその補聴器がお客様に適応するとはいきません。
難聴の度合い、生活環境、どのような時に補聴器を一番必要とするのか、といったことにより、お客様が本当に満足する補聴器というものは変わってきます。
決して、高いからなんでも聞こえる、安いから駄目というわけではないのです。
下記に大まかな補聴器の値段を紹介してあります。
なお、両耳を同時に購入される場合は、両耳価格があるメーカーもございますので、当店までご相談ください。

価格の目安(片耳)

エントリークラス 耳掛型の場合 約5万円~約20万円
耳あな型の場合 約10万円~約20万円
ミドルクラス 耳掛型の場合 約20万円~約30万円
耳あな型の場合 約20万円~約30万円
ハイエンドクラス 耳掛型の場合 約30万円~約55万円
耳あな型の場合 約30万円~約55万円
ミドルクラス 箱型補聴器 約3万円~約7万円

おすすめは両耳装用

  1. 音の区別がカンタン

    片耳装用だけでは、似たように聞こえるノイズや言葉が、両耳装用にすることによって、より簡単に区別できるようになります。

  2. ゆとりのある生活に

    装用していない耳で聞きとろうする必要がなくなるので疲れにくく、毎日の生活にゆとりを持つことができます。

  3. 騒音下でも効果発揮

    複数人で会話をするときや、まわりの音が騒がしい環境でも、必要な音より簡単に聞きとることができます。

  4. 会話が楽しくなる

    言葉がより聞きとれるので、会話へ参加することが以前より楽しくなった、という方がたくさんいらっしゃいます。

  5. 音の方向性を察知

    左右の耳で音の方向や距離を、より性格に知ることができます。
    後方からの呼びかけや、車道の危険信号もきちんと察知することが可能です。

  6. 豊かな臨場感

    音を立体感にとらえることができるため、コンサートやライブなどで臨場感あふれる音楽が体感できます。

  7. ステレオ効果で音質アップ

    オーディオ機器のステレオで聞く音が滑らかで自然であるように、バランスがよく良質な音でより聞きとることができます。

  8. コミュニケーションの活性化

    耳に入る多くの音が、反射側の脳へ伝わり、右脳(感情など)左脳(言葉など)の働きが活発になり、抑揚のある会話でコミュニケーションがスムーズになります。

  9. 大きなノイズも安心

    片耳装用より音質を大きく設定する必要がないので、大きなノイズが起きた場合でもより快適です。また、ハウリング(ピーピー音)もより抑制できます。

  10. 聞こえに満足

    両耳に複雑を持つ補聴器装用者5,000人を対象とした研究によると、両耳に装用した人の方が圧倒的に満足度が高いという結果が出ています。