聞こえの仕組みと難聴の種類。早良区のスズキ補聴器センター

    文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

聞こえについて

どうして難聴になるの?

難聴になる原因は、加齢や病気、音の環境、薬の副作用などさまざま。また、その原因によって難聴の種類や程度が異なります。

「聞こえ」の仕組み

人間の耳は下図のように、外耳、中耳、内耳の3つの部分からなりたっています。
外耳から入った音は鼓膜に達し、中耳のツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨によって内耳に伝えられます。
音の信号は、蝸牛の有毛細胞によって電気信号に変換され、脳に伝えられます。
このように、耳の各器官がそれぞれの役割を果たすことで、音をきちんと聞き取ることができます。
耳のどこに原因があるかで、難聴の種類や程度が異なります。

難聴の種類と補聴器

  1. 伝音難聴 外耳や内耳の損傷や炎症によって起こります。
    音量を大きくすれば聞き取りやすくなるので、補聴器の使用が効果的です。
  2. 感音難聴 内耳・聴神経・脳の中枢などの感音系の障害によって起こります。
    年齢が進むにつれ、または大きな音を聞きすぎたりすると、蝸牛の有毛細胞の数が減少するなどして機能が低下します。
    小さな音が聞き取りにくい、大きな音が響く・ひずむ、聞こえても言葉の意味がわからない、などの症状が現れます。
    しかし、最適な補聴器を選定し、適切に調整(フッティング)をして使用すれば効果が期待できます。
  3. 混合性難聴 伝音難聴・感音難聴の両方の症状が現れます。
    中耳炎が悪化して内耳が障害を受けた場合をはじめ、いくつかのケースがあります。
    感音難聴と同じく補聴器の効果が期待できます。

「きこえない」ということ。「聞こえない」ということはただ単に、聴力の損失のみではありません。
想像してみてください。
日常生活している上で全く音が聞こえない場所は殆どありません。
例えば外に出れば車の音が聞こえてきます。
町を歩けば、人々の話し声、様々な音楽。
家の中の誰もいない静かな場所でも、時計の音などが聞こえてくるはずです。
また自然の中に行けば、風の音、鳥の声など私たちの周りには音が溢れています。
そうした音が聞こえない世界はどうでしょうか?

車の音が聞こえにくくなっている場合は、事故の確率が高まります。
人の話声が聞こえにくい場合は、コミュニケーションが取りづらくなるばかりでなく、「話が通じない」と言う事で人と話すのがおっくうになり、孤立してしまいがちです。
気持ちも沈みがちになってきます。
また、周りの人も「あの人はどうせ聞こえないから」と話しかける事が少なくなってきます。
必要な情報を誤って受け取ってしまうこともあるでしょう。
聞こえは、私たちが考えている以上に日常生活の上で大事な要素を占めているのです。